/page/2
「なぜ」と問う
常にデザインと接していない方だと、簡潔にデザインついて話してしまう傾向があります。そこで、なぜそう考えたかと聞いてみることで、少しずつ意図が見えてきます。
「もっとそれについて聞きたい」と尋ねる
相手の考えに興味があるという意思表示になりますし、意見を取り入れた上で最適な解を一緒に見つけようという姿勢になりやすくなります。
残業をゼロにする方法

残業をゼロにするための方法ははっきりしています。それは「全員で定時で終わらせるべく頑張ること」です。そんなの普通じゃないかと思う人もいるでしょうが、筆者の経験上、それが出来ている職場はほとんどありません。

というのも、10人の従業員がいれば、そのうち2、3人は必ず「だらだら働いて残業代を稼ごう」とか「いっぱい残業する方が偉いにきまっている」と考える困った人がいて、そういう人たちに足を引っ張られるからです。こういう人たちも含めて、全員に「定時で終わらせるぞえいえいおー!」と頑張らせることは、通常のマネジメントでは至難の業ですね。

ただし、そういう人たちも含めてオートマチックに「定時で終わらせるぞえいえいおー」と一致団結させる簡単な方法があります。それは「査定は年功序列で、原則として残業は認めない」というルールを作ることです。

なぜ年功序列で残業を認めないと皆で一致団結できるのか。個人のインセンティブを考えればとてもシンプルな話です。分かりやすくするために、ムライ興行には以下の3人の従業員が働いているとします。

Aさん:常にバリバリ働き、出世も意識している職場のけん引役
Bさん:真面目だけど本音では仕事はぼちぼちでもいいかなと考えているワークライフバランス重視派
Cさん:前向きなモチベーションは既に失っていて、どうすれば楽を出来るかばかり考えている手抜き派

Aさんは優秀ですが、優秀すぎて長時間残業が慢性化しており「長く働いてこそ一人前」的な価値観を抱いています。Bさんは出来ればプライヴェートを重視したいけれども、そんなAさんの空気に引きずられて一定の残業はこなすタイプ。Cさんは最初から人事評価なんか諦めて、生活費は残業代で稼ぐというスタンスです。当然、具体的な成果なんてしったこっちゃありません。

この状況で「人事評価は年功序列、残業はゼロ」を適用するとどうなるでしょうか。
残業は認めない=残業代も出ないわけで、まず「ダラダラ残業しよう」というインセンティブがBさんやCさんの間から消滅します。くわえて、年功序列で評価される以上「いっぱい残業して良い査定成績をゲットしよう」というAさんのインセンティブも無くなります。

かわって、彼らの中には「どうせ残業代が無いんだったら、一生懸命頑張って定時で帰れるよう頑張ろう」という新たなインセンティブが、AさんからCさんまで共通して湧いてくるわけですね。従来はてんでバラバラだったインセンティブが見事に定時上りという目標で一致するわけです。

これこそ残業ゼロを実現するエンジンですね。ついでに言うと、これまで後ろ向きだったCさんのような従業員のモチベーションも前向きなものになるはずです。なぜなら処遇は年功序列で決まる以上、腐る理由はないからです。流動性の低い日本企業においては、優秀層よりもこうした中~下のグループのモチベーションをいかに保つかが重要だったりします。

句点「。」ルール

ルール1 文末に注釈の丸カッコ()を使うときには、丸カッコの後に句点を打つ。

例:簡潔な文章を書くポイントの1つは一文を短くすることである(50文字以内)。

ルール2 筆者名、クレジットなどを丸カッコに入れ文末につけるときには丸カッコの前に句点を打つ。

例:日中韓3カ国首脳が共同会見を3時から行う予定である。(ITpro通信)

国立国語研究所の「ことば」の電話質問によれば、以下のような感じとのこと。

○ : 「1か月」
○ : 「1カ月」
○ : 「1ケ月」
○ : 「1箇月」
× : 「1ヵ月」
× : 「1ヶ月」
? : 「1個月」
公用文では、1か月or一箇月が使われているとのこと。
「なぜ」と問う
常にデザインと接していない方だと、簡潔にデザインついて話してしまう傾向があります。そこで、なぜそう考えたかと聞いてみることで、少しずつ意図が見えてきます。
「もっとそれについて聞きたい」と尋ねる
相手の考えに興味があるという意思表示になりますし、意見を取り入れた上で最適な解を一緒に見つけようという姿勢になりやすくなります。
残業をゼロにする方法

残業をゼロにするための方法ははっきりしています。それは「全員で定時で終わらせるべく頑張ること」です。そんなの普通じゃないかと思う人もいるでしょうが、筆者の経験上、それが出来ている職場はほとんどありません。

というのも、10人の従業員がいれば、そのうち2、3人は必ず「だらだら働いて残業代を稼ごう」とか「いっぱい残業する方が偉いにきまっている」と考える困った人がいて、そういう人たちに足を引っ張られるからです。こういう人たちも含めて、全員に「定時で終わらせるぞえいえいおー!」と頑張らせることは、通常のマネジメントでは至難の業ですね。

ただし、そういう人たちも含めてオートマチックに「定時で終わらせるぞえいえいおー」と一致団結させる簡単な方法があります。それは「査定は年功序列で、原則として残業は認めない」というルールを作ることです。

なぜ年功序列で残業を認めないと皆で一致団結できるのか。個人のインセンティブを考えればとてもシンプルな話です。分かりやすくするために、ムライ興行には以下の3人の従業員が働いているとします。

Aさん:常にバリバリ働き、出世も意識している職場のけん引役
Bさん:真面目だけど本音では仕事はぼちぼちでもいいかなと考えているワークライフバランス重視派
Cさん:前向きなモチベーションは既に失っていて、どうすれば楽を出来るかばかり考えている手抜き派

Aさんは優秀ですが、優秀すぎて長時間残業が慢性化しており「長く働いてこそ一人前」的な価値観を抱いています。Bさんは出来ればプライヴェートを重視したいけれども、そんなAさんの空気に引きずられて一定の残業はこなすタイプ。Cさんは最初から人事評価なんか諦めて、生活費は残業代で稼ぐというスタンスです。当然、具体的な成果なんてしったこっちゃありません。

この状況で「人事評価は年功序列、残業はゼロ」を適用するとどうなるでしょうか。
残業は認めない=残業代も出ないわけで、まず「ダラダラ残業しよう」というインセンティブがBさんやCさんの間から消滅します。くわえて、年功序列で評価される以上「いっぱい残業して良い査定成績をゲットしよう」というAさんのインセンティブも無くなります。

かわって、彼らの中には「どうせ残業代が無いんだったら、一生懸命頑張って定時で帰れるよう頑張ろう」という新たなインセンティブが、AさんからCさんまで共通して湧いてくるわけですね。従来はてんでバラバラだったインセンティブが見事に定時上りという目標で一致するわけです。

これこそ残業ゼロを実現するエンジンですね。ついでに言うと、これまで後ろ向きだったCさんのような従業員のモチベーションも前向きなものになるはずです。なぜなら処遇は年功序列で決まる以上、腐る理由はないからです。流動性の低い日本企業においては、優秀層よりもこうした中~下のグループのモチベーションをいかに保つかが重要だったりします。

句点「。」ルール

ルール1 文末に注釈の丸カッコ()を使うときには、丸カッコの後に句点を打つ。

例:簡潔な文章を書くポイントの1つは一文を短くすることである(50文字以内)。

ルール2 筆者名、クレジットなどを丸カッコに入れ文末につけるときには丸カッコの前に句点を打つ。

例:日中韓3カ国首脳が共同会見を3時から行う予定である。(ITpro通信)

国立国語研究所の「ことば」の電話質問によれば、以下のような感じとのこと。

○ : 「1か月」
○ : 「1カ月」
○ : 「1ケ月」
○ : 「1箇月」
× : 「1ヵ月」
× : 「1ヶ月」
? : 「1個月」
公用文では、1か月or一箇月が使われているとのこと。
"
「なぜ」と問う
常にデザインと接していない方だと、簡潔にデザインついて話してしまう傾向があります。そこで、なぜそう考えたかと聞いてみることで、少しずつ意図が見えてきます。
「もっとそれについて聞きたい」と尋ねる
相手の考えに興味があるという意思表示になりますし、意見を取り入れた上で最適な解を一緒に見つけようという姿勢になりやすくなります。
"
"残業をゼロにする方法

残業をゼロにするための方法ははっきりしています。それは「全員で定時で終わらせるべく頑張ること」です。そんなの普通じゃないかと思う人もいるでしょうが、筆者の経験上、それが出来ている職場はほとんどありません。

というのも、10人の従業員がいれば、そのうち2、3人は必ず「だらだら働いて残業代を稼ごう」とか「いっぱい残業する方が偉いにきまっている」と考える困った人がいて、そういう人たちに足を引っ張られるからです。こういう人たちも含めて、全員に「定時で終わらせるぞえいえいおー!」と頑張らせることは、通常のマネジメントでは至難の業ですね。

ただし、そういう人たちも含めてオートマチックに「定時で終わらせるぞえいえいおー」と一致団結させる簡単な方法があります。それは「査定は年功序列で、原則として残業は認めない」というルールを作ることです。

なぜ年功序列で残業を認めないと皆で一致団結できるのか。個人のインセンティブを考えればとてもシンプルな話です。分かりやすくするために、ムライ興行には以下の3人の従業員が働いているとします。

Aさん:常にバリバリ働き、出世も意識している職場のけん引役
Bさん:真面目だけど本音では仕事はぼちぼちでもいいかなと考えているワークライフバランス重視派
Cさん:前向きなモチベーションは既に失っていて、どうすれば楽を出来るかばかり考えている手抜き派

Aさんは優秀ですが、優秀すぎて長時間残業が慢性化しており「長く働いてこそ一人前」的な価値観を抱いています。Bさんは出来ればプライヴェートを重視したいけれども、そんなAさんの空気に引きずられて一定の残業はこなすタイプ。Cさんは最初から人事評価なんか諦めて、生活費は残業代で稼ぐというスタンスです。当然、具体的な成果なんてしったこっちゃありません。

この状況で「人事評価は年功序列、残業はゼロ」を適用するとどうなるでしょうか。
残業は認めない=残業代も出ないわけで、まず「ダラダラ残業しよう」というインセンティブがBさんやCさんの間から消滅します。くわえて、年功序列で評価される以上「いっぱい残業して良い査定成績をゲットしよう」というAさんのインセンティブも無くなります。

かわって、彼らの中には「どうせ残業代が無いんだったら、一生懸命頑張って定時で帰れるよう頑張ろう」という新たなインセンティブが、AさんからCさんまで共通して湧いてくるわけですね。従来はてんでバラバラだったインセンティブが見事に定時上りという目標で一致するわけです。

これこそ残業ゼロを実現するエンジンですね。ついでに言うと、これまで後ろ向きだったCさんのような従業員のモチベーションも前向きなものになるはずです。なぜなら処遇は年功序列で決まる以上、腐る理由はないからです。流動性の低い日本企業においては、優秀層よりもこうした中~下のグループのモチベーションをいかに保つかが重要だったりします。"
"

句点「。」ルール

ルール1 文末に注釈の丸カッコ()を使うときには、丸カッコの後に句点を打つ。

例:簡潔な文章を書くポイントの1つは一文を短くすることである(50文字以内)。

ルール2 筆者名、クレジットなどを丸カッコに入れ文末につけるときには丸カッコの前に句点を打つ。

例:日中韓3カ国首脳が共同会見を3時から行う予定である。(ITpro通信)

"
"国立国語研究所の「ことば」の電話質問によれば、以下のような感じとのこと。

○ : 「1か月」
○ : 「1カ月」
○ : 「1ケ月」
○ : 「1箇月」
× : 「1ヵ月」
× : 「1ヶ月」
? : 「1個月」
公用文では、1か月or一箇月が使われているとのこと。"

Tumblrについて: